ここでは新作伝奇AVG「11eyes」をより楽しむ為のポイントをご紹介します。
購入検討の材料に、世界観をより知るために、是非ご一読くださいませ。



人間の瞳は、通常1人2つついており、それが5人なら10の瞳、6人ならば12の瞳な訳ですが、 今作のタイトルは「11の瞳」

これは「誰かが1つ目」「誰かが3つ目」とかいう、想像が安易にさせると思います。
特にキャラビジュアルを見れば、主人公の皐月駆が眼帯をしている段階で、既に「ああ1つ目はコイツか」と「だから『11eyes』かよ。安直だな」とか思われそうですが。

無論それだけじゃありません。

勿論、1つの意味としては、駆の瞳の1つを引いて『11eyes』な訳ですが、ストーリーを進めていく上で、別の意味があることが分かっていくことになります。
そういった「謎」を解き明かしていくことが、『11eyes』のストーリーを楽しんで頂く要素のひとつとなっております。

 
 


 『11eyes』のキャラクターとともに

何故主人公達が「赤い夜」に突然巻き込まれてしまったのか、

そもそも赤い夜とはなんなのか、

赤い夜の中で出現する黒い騎士達は何故襲ってくるのか、

何故、主人公の姉は 自殺をしなければならなかったのか、


などなど、ストーリーを進めるに従い、どんどん現れてくる「謎」を解き明かしていくことになります。

点在する謎がつながって一つの線になったとき、11eyesの真実が見えてくる…?
  
 
イベントグラフィック・キャラクターのバストアップ(立ち絵)ともに、画像の切り替え差分を格段に充実させました!

前作「FESTA!」を遥かに上回っているかも!?
製作中も現場の要望とその場の勢い(?)でどんどん増えています。

実際の素材を使用して作った右のGifアニメ画像を見て、ゲーム中の雰囲気を少しでも味わっていただければと思います。 もちろん、体験版のダウンロードが始まったら、そちらで動きを楽しんでみてくださいね!

キーボードのF5を押すとGifアニメが最初から再生されます。


これまでのLassブランド・ゲームと比べて、
格段に演出を強化!!


演出チームの誰かが無茶すると、
負けじと他の人間も無茶をする……と、こんな感じになりました。

キャラクターの立ち絵が動きまくる!
イベントCGが動きまくる!
魔法陣がアニメーション描画される!

その他、迫力の演出が満載です!
ぜひとも見て楽しんでやってください!
 
 

音楽集団『スーパースィープ』の若きホープ、
坂本昌一郎氏入魂のBGM!


▲サンプルを是非聴いてみてください!▲

OP、挿入歌を歌うは5pb.の歌姫『彩音』さん。
今回は歌詞もご担当頂いております!

作曲は音ゲーで人気のTatsh氏を向かえ、
OP曲『Lunatic tears...』に至りましては、サイキックラバーのイマジョー氏もご参加いただいてノリの良い楽曲に仕上がりました!

ED曲は同人音楽で人気を博し、
TVアニメ『モノクロームファクター』にてメジャーデビューした『Asriel』が担当!

詞、曲の内容とも、11eyesに登場するキャラクターの気持ちや、物語について力強く歌われております。


▲サンプルを是非聴いてみてください!▲
 
 


Lass1st『青と蒼のしずく』のデュアルウィンドウシステム
Lass2nd『3days』のブラッドリミッターシステム
Lass3rd『FESTA』のストーリースティックシステム

そして今回―――
『11eyes』にて搭載する新システム、

クロスビジョンモード

これは、主人公である皐月駆以外のキャラクターの視点となり、
11eyesの物語を多角的に見ることができるシステムです。

主人公の視点では気づかなかった場面でのストーリーや、他のキャラクターの内面などを垣間見ることが可能で、より『11eyes』の物語を奥深く読むことができます。

詳しくはこちらをクリック!!
 
 

各種基本とされているシステムは一通り搭載し、
さらに毎回搭載しているシステムとして、

■恒例のキーコンフィグ設定
(スキップや窓消しなど様々なシステムを任意割り当て可能)

■お好きなフォントに表示変更システム

■ダイアログ設定

……などなど、プレイしやすい環境を築いて頂く為に様々なシステムを搭載しております。

 
 



11eyes トップページへ
 
(C) 2007 Lass All Rights Reserved.